敏感肌をケアするにはファンデーションを選ぶことから

老化を防ぐための方法

顔に触れるウーマン

活性酸素とコラーゲン

最近、テレビや雑誌で「アンチエイジング」や「エイジングケア」と言う言葉をたくさん目にするようになってきました。エイジングケアとは、老化を食い止める、予防するケア方法のことです。エイジングとは、老化を意味します。人の体は、年齢を重ねるにつれて様々な美容や健康のための有効成分が失われ、肌が乾燥したりたるんだりといった症状をもたらしてしまいます。特に多いのが、肌荒れやイライラなどをもたらしてしまう活性酸素という成分の増加と、肌のツヤや保湿を促すコラーゲンの減少です。この現象によって、肌荒れ、たるみが引き起こされて、顔や体の老化が進んでしまう原因となってしまいます。そのため、効果的なエイジングケアは、活性酸素の減少と、コラーゲンの増加を促すものと言えます。

具体的な方法とは

活性酸素を減らすためのエイジングケアとして有効なのが、食生活を見直すことです。活性酸素の生成や働きを抑える事の出来る食べ物を食べるようにしましょう。特に、イチゴ、トマトなどに含まれるビタミンCや、大豆などに含まれるビタミンEは、活性酸素を減らす力が高く、エイジングケアに最適な食品であると言われています。また、コラーゲンを増やすためのエイジングケアとしては、化粧品や化粧水を見直すことがおすすめです。化粧品や化粧水を購入する際には、含有成分に注目してみましょう。出来るだけコラーゲンがたくさん入ったものを使うようにし、お風呂上りの保湿ケアを徹底して行うようにすると、コラーゲンがきちんと肌へ入り込んでくれ、失われたコラーゲンを取り戻すことが出来ます。